カワキ カナダ社の会社概要

 1990年5月、(株) 川喜が、北米事業進出拠点としてカナダヴァンクーヴァーの郊外に工場施設を購入、その敷地面積4,200平方メートル(約1,270坪)、その内の40%が工場・事務所になっています。
 カナダの水産業において、輸出入の事業を行う企業は全て連邦政府に登録を行わなければなりません。そして、登録した企業はQMP(Qualitiy Management Programの略)の遂行を義務 付けられています。QMPとは生産管理、加工工程、作業場所、人の管理、製造ライン管理に始まるHACCPに基づいた品質管理プログラムのことです。カワキカナダ社も政府からの査察を受け登録されています。
 工場施設としては、冷凍機2台、保管用冷凍庫、冷凍室、さらにスモークサーモン機械、最終製品(生食用・スモークーサーモン、ロイン製品)パッキングのための部屋があり、対日向けはもちろんのことアメリカ・カナダ国内向けに鮭鱒(養殖物含む)関連商品中心に、鮭鱒魚卵製品 、ビンナガマグロ・銀たらなどの加工をしています。
 弊社の事業としては、上記加工事業のほか、冷凍鮭鱒の買付け、カナダ北部の協力工場に技術者を派遣しての鮭鱒魚卵生産事業を行い、様々な型での加工生産・買付事業を行い、その仕入れ先もカナダのみならずアラスカの会社からも、またその時期もシーズンだけでなく、周年にわたっています。
 私どもとしては、鮭鱒魚卵製品を除いては、周年にわたりできるだけ安定した価格で、鮭鱒商品を提供させて頂けるように努力しています。




カワキカナダ工場の外観写真 周辺写真
工場内での作業風景